Now Loading...

Now Loading...

ヤクルトスタッフになろうLet's work together

ヤクルトレディの1日

スタイルA・Bの場合

保育ルームへ

センターに出社したら、まずは保育ルームへ。信頼できる先生に、
お子さまを預けます。お子さまにとって、楽しい1日の始まりです。

朝礼でスイッチの切り替え

朝礼で、連絡事項やマナー、身だしなみの確認を行います。
ヤクルトレディとしてスイッチが入る瞬間です。

お届け開始

出発の準備ができたら、担当エリアのお客さまを訪問します。 1日の訪問軒数は、20軒~25軒。ヘルスサポーターとして、商品をお届けするとともに、笑顔と元気もお届けします。

お届け完了

お客さま訪問が終わったら、センターに戻ります。携帯端末で商品在庫の確認や資材清掃、翌日の準備

お子さまのお迎え

保育ルームへお子さまをお迎えに行きます。先生からお子さまの1日の様子を聞いたり、子育ての相談をしたり。

また明日もがんばろう!

※スタイルC・Dはお届け時間が異なります。詳細は「ライフスタイルによって選べる4つの働き方」をご覧ください。